院長整体コラム1637

前回は、食べないこと 動かないこと ネルことの大切さについてお話ししました。
今回は、体のゆがみについて詳しく解説したいと思います。

姿勢は、肉体面・精神面、両面において休息と活動のバランスの結果です。
姿勢は無意識で作られ、ある意味 顔色と一緒です。健康な方は、顔色も姿勢もいい。不健康な方はやはり顔色も姿勢も悪いのです。
姿勢は姿の勢いであり、その人の健康状態の大きなバロメーターです。

歪みもは、悪いコトではなく、本来は防衛反応であり、ゆがんでもまた元の状態に自然に戻る。すなわち形状記憶合金のようなものです。よって歪んでも元に戻れず、自分でどこに戻ったらいいのか?本来は正しい姿勢が無意識レベルでわからなくなっているのが問題なのです。
自覚症状がある人は、必ずそれに対応するゆがみがありますが、ゆがんでいても自覚症状が出ない人も多くいます。それは、女神がその人の持つ許容範囲を超えていないだけです。

姿勢は自分で意識的に直してはダメです。腰が曲がったり、背中が丸くなっているのも伸ばそうとすると、体は丸くなっている状態がいちばん楽だから、意識的に伸ばすとか、無意識レベルで丸くなろうとするのです。

そして、痛みを出して「伸ばさないで!」と訴えてきます。多くの人が自分の体のゆがみに気づいていません。種々の自覚症状は生命として維持しているかどうか?なのです。それがうまくいっていないために、注意歪みには自覚症状が出てるのです。

首・肩・腰・膝の症状がある場所に刺激を入れることは、雨漏りしていて濡れている床を拭いているだけの場合が多いです。その時は楽でもまた雨が降ればダメになりますよね。

自分の気持ちよさだけを頼りに身体をマッサージするのも、大変危険です。それは、おいしい食事と、体にいい食事は違うように、からだを治す刺激と体を気持ちよくさせて、その場を入れるだけの刺激は違います。気をつけてください。

本来、これも痛みもダルさも無いのが当たり前なのです!健康にはまったく体のことなど考えません、今、あなたの受けている治療・運動・考え方を続けるとどうなりますか?こりや痛みやだるさが全くなく、寝ればなおる身体に戻ることができますか?

姿勢をチェックし全体を見ながら、無意識レベルの刺激を症状にとらわれることなく入れ、整体するとそのような健康な体に戻すことができます。一度、自分の姿をチェックしてみてください。歪んでいるならすぐ電話してください。ほんとうの自分の力に気づけますよ!

今すぐお電話はこちら

電話リンク  ◼︎ 症状についてのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。 iphonetel