院長整体コラム013 根本改善で実感 自分の身体に自信と安心

宜野湾市のHさん(70代女性)は、20代後半から右膝の痛みがあった。「病院で湿布や痛み止め等を処方してもらい医者の指示通り運動も続けていたのですが、左足や股関節あたります痛みが広がっていたんです。6年間頑張っていたのに、結局、治らなかった。病院を変えたり、マッサージを受けたり、あらゆるところに通いましたが、一時的に良くなっても、すぐにぶり返し、肩や首のこり、頭痛、不眠などの症状に悩まされていました」と話す。
Hさん40年以上にもあたり苦悩を抱え半ば諦めていたところ、KOYABU美容健康院のことを知った。同院は、「コリはほぐすな!痛みを止めるな!姿勢を直すな!」を理念に掲げる。
「これまでの対処療法ばかりで、真面目に筋トレをしてもよくならず、薬の副作用もありました。人間には本来、自然治癒力があるというのは自分も感じてかんじていたので、小薮先生の方針にとても興味をもったんです」左足の痛みが酷くなり動員を訪れたHさんは、「先生が右足のほうが念入りにするので、いたいのは左足ですよーと話すと「そうですね、でも悪いのは右足の方なんですよ」と言われ、はっとしました。確かに長年患っていたのは右足。その時は、痛みのある左足のことしか考えていなかった。」と、初めての施術を受けた日のことを振り返るHさん。
病院の小藪まさし院長は、「痛みが分かるの信号なんです。それをちゃんと受け止めて、体の歪みを戻し、体の器官が正しい位置で正しく働くようになれば、勝手に治ります。痛みの出ない体に導くのが私の仕事」と語る。
Hさんは、「初回からはっきりと違いを感じました。猫背だったのに姿勢が良くなってズボンを立ったままはくことができたんです!両足の太さの長さも違っていたのにバランスが整ってきました。50年近く続いた体の不調を治すのは簡単ではないと思いますが、小藪先生の手術を受けきっと治せると自信を持って思えるようになり、生き方、暮らし方も変わりました」と笑顔を見せる。
歩くのが早くなった、顔色が良くなった、目がよく開くようになった、コリがなくなった、よく眠れるようになった。次々と体の変化をあげ、友人にも何をしているのと不思議がられるんですと嬉しそうに話すHさん。「体も体も元気になれたこれが1番の喜びです。私は長年苦しんできた分、疑い深い性格になっていました。痛みで悩んでいる人はいっぱいいると思いますが、私のように疑ったままでいいので、まずは小藪先生の施術を受けてほしい。体験すればきっと分かると思います。」 晴れ晴れとした表情が長年の苦悩から解き放たれた喜びを物語る。

今すぐお電話はこちら

電話リンク  ◼︎ 症状についてのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。 iphonetel